読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしだのブログ

サブタイトルはありません。

今年買ってよかったものは iPad mini というか、電子書籍リーダー。

今週のお題「2013年に買って良かったもの」ということで、投稿。
私の今年買ってよかったものナンバー1は、iPad mini です!というか、厳密には電子書籍リーダーです。

f:id:yoshi0309:20131221231544j:plain

iPad mini を買ったきっかけ。vs Nexus 7

買ったのは今年の1月ごろかな?販売された後、もらったボーナスで買いました。その前に、初代 iPad を持っていたのですが、なにせ重くて持ち歩いておらず、自宅で文鎮状態でした。ウェブ見たりカレンダーやメールを見たりと使っていたものの、タブレットたるもの スマホとPCの間の役割をこなして欲しかった。私にとっての、その「間の役割」というものが、すなわち読書だったわけです。

ちょうどサイズ的にちょど良かった、ちょうどその頃発売されて話題沸騰中だった Nexus 7 と比較した結果、iPad も使ってたし、iPhone も使っていて Apple に囲い込まれていたし、Apple教に不満もなかったので iPad mini の購入と相成りました。Nexus 7 を購入しても良かったのですが、音楽やら写真やらの同期とかの面倒くささも大きかった。*1技術者としては Android にずっと興味はあるわけですが、家族の写真を管理していたりすることを考えると、家庭でのシステム運用にあまり体力を割きたくはなかったので。。言い訳くですが(笑)

Kindle と自炊業者

で、iPad mini を早速買ったのですが、大きさ、軽さともに、私の求めていたモノでした。電車の中で片手で軽々持てる重さ、大きさ、文章を表示しても違和感がなく読めるサイズ。完璧でした。早速 amazon kindlehonto などをインストールし電子書籍を買っては読むようになり、今では電子書籍で出ているものは紙では買いません。iPad mini で読める、という点も大きいですが、場所を取らない。大金持ちでもないので、書斎や巨大な書架を設けられるような家には住んでいないわけで。

ところが、ここで1つ課題が。
意外と、欲しい本が電子化されていなかったりする。最近はだいぶ増えてきたような印象も有りますが、それでもまだまだ。そこで、自炊業者に手をだすことに。持っている本を業者に送付して電子化してもらう、という方法ですが、送った本は戻ってこない。最初は戻ってこないことに抵抗を感じていましたが今ではどっぷりです。特に技術書は、めちゃくちゃ重くて持ち運びに適さない本があの小さな iPad mini に収まる点や、日々気になった時に見直せる点に強烈なメリットを感じ、そんな抵抗感を軽々と飛び越えていきました。

今では、amazonで購入 → 自炊業者に直送 → pdfダウンロード といった具合に、紙の本を買っても手元にこないなんて結構普通だったりします。唯一の不満としては、購入からダウンロードが出来るようになるまで一週間ぐらいはかかる点ですが、それ以外については問題無いです。*2最近のマイブームは、中古の本を買って自炊するパターンで、場合によっては \1 で出品されていたりするのでお得感満載です。

購入した結果どうなったか?

読んだ冊数が倍増しました。特に技術書については特に、積ん読が多かったのですが、それも少なくなりました。というのは、持ち運びが困難だったので、実質自宅でしか読めない本が通勤で読めるようになったり、複数冊を同時に読めるようになったりと、単に読みやすくなっただけなのですが、それだけでもこんなに大きな効果があったとは!という感じです。


Kindle Paperwhite が大体一万円で変えたりと、電子書籍自体、かなりお手軽感がアップしてきているのでクリスマスに一つおねだりしてみてはどうでしょうか?(笑)

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

*1:いや、Nexus 7 がめんどくさいと言っているわけではないですよ?念のため。管理する対象が1つ新たに増えることが面倒だったということです。

*2:スキャンの品質など拘る方は、あまりおすすめできない場合があるので注意が必要ですが。