読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしだのブログ

サブタイトルはありません。

テレビ依存を辞めるたった一つの方法。

日記

テレビを消してラジオをつける、でした。至って簡単。以上!
なお、今回は根拠も裏付けもない体験談なのでこれを読んでいただいているあなたには通用しないかもしれませんが、あしからず(笑


Car Radio / nedrichards

動機

まあ、動機としてはありがちで、仕事が終わって家に帰り、家事や育児が終わったらテレビを見て一日が終わっていくことに気がついて、これは大いなる無駄だと悟ったからです。毎日毎日テレビ見ている割には、特に見たいテレビがあるわけでもなく、あるわけでも無いのにダラダラ見ている。家に帰ったら、とりあえずテレビをつける。「とりあえず、生」かと。

禁テレビ失敗

早速、テレビを消すと、妙な静けさに落ち着かなくなり、わずかな時間や期間しかもたず、そわそわしてきて気がついたらテレビをつけてしまいました。何度か失敗して(禁煙みたい)、そして気がついたのは、その静けさが問題だったってことです。要するに、その状態に慣れていないと。

考えてみると、仕事中も含め、寝るとき以外は雑音に囲まれている。雑音がありながらも、仕事に集中していたり、普段を過ごしている。喫茶店でこうしてブログを書いている時も周りは常にざわざわしている。それでも、集中できるので適度な雑音はきっと集中力を保つのに必要なんだろう、と思うことにしました。

ラジオで雑音を作り出す。

そこで、代わりの雑音として採用したのがラジオです。ラジオのいいところは、目を取られないので、やりながら聞くことができる。テレビでもできる人はいるんだろうが、私はどうしても見てしまうので無理だった。早速始めた当初はテレビがついていないことに、そわそわしていたけれども、すぐに慣れることができました。最近は、帰ったらラジオつけて本を読んだりブログを書いたりしています。

副次的効果。

ラジオを聞いていると、最近の音楽やバンドに詳しくなります。どうしても耳に入るので、話題のバンドや曲は自然に覚えることができます。最近のバンドは全然知らなかったし、テレビでもまともな音楽番組って少なくなっちゃったので、かなり遠ざかっていたのですが、ラジオのおかげで色々なバンドを知ることが出来ました。

しかし、やっぱりいい曲はいいね!逆風吹き荒れる現代だけど頑張って欲しいな。