読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしだのブログ

サブタイトルはありません。

AWS EC2 調査メモ①:ユーザーガイド読経 ~その1~

AWS 上に Solr を構成したいと思い立って、EC2 のユーザーガイドを読みながら触っているところです。以下、ユーザーガイドからのメモ書き。

Amazon EC2 とは - Amazon Elastic Compute Cloud

メモ書き

  • EC2の起動からSSHログインが出来る状態まで実際に構築。
  • フリーで使えるのは、t1.micro という仮想マシンのみ。それ以外は、有料なので注意!(気付かずに課金されました。まあ、150円ぐらいですが。。)
  • AWS には、仮想マシンのイメージ(AMI)が用意されており、自分で作成することもできる。標準で用意されているものの中に Solr がインストールされているものもある。複数台などを構成する場合には、自分で作ったほうが良さそう。
  • 直接マウントできるディスクは2種類。インスタンスストアは揮発性で停止するとデータは消える。EBSは不揮発性(ただし、インスタンスをTerminateするとデフォルトではディスクごと消えるので注意)。
  • インスタンスに複数のEBSをマウントすることができる。逆に、EBSを複数インスタンスにマウントさせることは不可(なので、インスタンスAで作ったインデックスをEBSに保存し、インスタンスBでも同じEBSをマウントし検索するということはできない。)
  • セキュリティグループはファイヤーウォールのこと。
  • SSH ログインは、デフォルトでは公開鍵方式。秘密鍵が渡されるのでこれを 使ってログインする。
  • カスタムのAMIを作る基本的な手順は、デフォルトのAMIからインスタンスを起動する→好きなようにカスタムする→停止してスナップショットをS3に保存する→保存したスナップショットから新規にインスタンスを作る。

要調査

  • 高負荷時に、簡単に検索サーバーを増やせるか?カスタムのAMIを作っておくか、もしくは、Chef? AWS CloudFormation を使えるとなお良さそうだが。。
  • システム全体を構成した時に、結局いくら掛かるのかを計算するのが思ったよりも難しい。必要なパラメータが多い。

その他

ユーザーガイドのPDFを iPad mini に保存して読んでいます。思ったよりも、スクリーンショットや手順の説明が多いので、サクサク読み進められています。