読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしだのブログ

サブタイトルはありません。

バトルだ! Elasticsearch + Kibana (ELK) vs Splunk

Elasticsearch IT、プログラミング

どうも!ちょっと仕事で Elasticsearch + Kibana (ELK) と Splunk の比較を簡単に調べてみたので公開します。

先にまとめ。

  • ELK は、OSS で安くクイックスタートできるので、データソースが明確で、ソースに対応しており、導入できる技術者がいる場合におすすめ。
  • Splunk は、周辺アプリや技術者が充実しているので、将来拡張する予定があり、どういうシステムに対応しなければいけないかが不明確な場合や、監査などドメイン知識が求められる場合におすすめ。

比較記事その1:RiskFocus 社。

全体的に Splunk 推し。概ねフェアだとは思います。以下、URL

http://riskfocus.com/splunk-vs-elk-part-1-cost/

http://riskfocus.com/splunk-vs-elk-part-2-support/

http://riskfocus.com/splunk-vs-elk-part-3-apps/

http://riskfocus.com/splunk-vs-elk-part-4-training-and-events/

以下は、各記事の内容を意訳&よしだなりにまとめてみました。

コスト

  • Splunk はギガバイト単位でのライセンスモデルが高いと言われている
  • 全部インデックスすれば高いかもしれないが、実際にはそうでも無いケースが多い
  • Splunk のほうがトレーニング、プロフェッショナルサービス、パートナーが充実している
  • Splunk チームを組んだり、人を雇うことも簡単。
  • Splunk には App Store があり、対応しているシステムが非常に多い。
  • ELK をサービスインするには、Splunk に比べて大きな投資が必要だと確信している
  • インフラやスキル、ログに接続するためのコネクタを用意する必要があるためだ

サポート

  • サポートはいずれについてもただではない。
  • Splunk のチームのほうが経験が豊かである。
  • Splunk はセキュアな環境で使われているケースのでサポート経験もある。
  • オープンソースを利用することに、そもそも法的なリスクを伴う場合がある。
  • Splunk はプロプライエタリ製品なので問題ない。
  • Splunkはセキュリティなどのあるドメインに特化したパートナーとのネットワークが豊富

周辺アプリ

  • Splunk App Store があり、有料無料にかぎらず様々なアプリが存在する。 https://apps.splunk.com/
  • App Store を活用すると、一般的な製品のほとんどすべてをカバーすることができる

トレーニング&イベント

  • Splunkのほうが豊富

比較記事その2:とあるブロガーさんのエントリ。

Splunk と ELK だけでなく、ログ管理ソフトを複数比較しています。まとまっていて分かりやすい。

The 7 Log Management Tools You Need To Know | Takipi Blog

以下は、記事の内容を意訳&よしだなりにまとめてみました。

Splunk

  • 長所
    • 最も機能が豊富で、周辺アプリが充実している。
  • 短所
    • インストール&セットアップがめんどくさい。特に、複数台に分散したクラスタ環境を作る場合。
    • ライセンスが高い。

ELK

  • 長所

    • オープンソースなので安い。
    • 使われているソフトウェアは頻繁にメンテされており、頑強で拡張しやすく、インストールも容易。
  • 短所

    • 3つのソフトウェアのスタック(組み合わせ)でできているため、アーキテクチャが複雑である。
    • プロダクション環境へデプロイするときは、3つ別々のサーバーに入れる必要があるだろう。

さんこーしょせき

高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server

高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server

  • 作者: Rafal Kuc,Marek Rogozinski,株式会社リクルートテクノロジーズ,大岩達也,大谷純,兼山元太,水戸祐介,守谷純之介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/03/21
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集~可視化編 [現場主導のデータ分析環境を構築!] (Software Design plus)

サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集~可視化編 [現場主導のデータ分析環境を構築!] (Software Design plus)

以上です!